ブログ・おしらせ

ツアーオブチェンライ2019 3日目

こんにちは。

 

Tour of Chiangrai 第3ステージ 120km

平坦基調で進みラスト4kmぐらいがとんでもない上り。

 

序盤は晋一さん,アマン,僕で動いて、ジャンリ,ダニエルは最後の上りのために温存でいくことになった。

 

チーム順位は6番目。

 

 

昨日同様、序盤からアタック合戦。

アミンと僕で応戦していたが、いかんせん自力不足で決められない。

 

そうこうしているうちに3人程度の逃げができ、3人なら捕まるだろうと思っていたら行ってしまいよったわ。

 

まだ集団もスピードの速い段階でできた逃げだから、強いメンバーに違いない。

 

 

逃げが決まり集団もまったりになって、僕も前方に位置していたが、位置取りするのも疲れてきたし、次の展開も起きそうになかったから、一度最後尾まで下がってみたら、すごい人数で走っているのを改めて感じた。

 

急に腹が減って、ジェル2本とジャムパン2個を一気に食べ、トイレもしたいなあと思ったがそのスキルは無いので我慢。

 

 

80kmぐらいの所で晋一さんから「元さん調子はどうですか?」と言われ、いつも逃げを決められない自分の「センスのなさに呆れてますわ!」と答えたら、「じゃあきっかけを作るから行きましょうか!」となった。

 

1本目、晋一さんが渾身で上げてくれたが、僕が付ききれず決まらなくて怒られるw

 

2本目も晋一さん渾身のアゲアゲで、今度こそは付ききって、欧米人が2名とアベンチュラの日本人が入って合計5人逃げが決まった。

 

このローテがめちゃめちゃきついが、それぞれ均等に回していい感じ。

5kmほど走ったと思ったけど、やはり集団に捕まってしまう、、、。

 

 

ほどなくアップダウンが始まり、ここでも逃げの動きがあったが、もうそこに対応していく脚は無い。

 

そして何人かの逃げができた。

 

集団で少し回復して、前方にダニエルやジャンリがいたので、位置取りのために近くにいたが、行っちゃった逃げを捕まえないといけない立場になったので、晋一さんと集団ペースを維持する程度には仕事することにした。

 

その時の図。

 

 

オーストラリアチームのVerofitから2人と僕ら2人の4人で回し、アップダウンの上りで一回力尽きたが、集団もまたペースダウンするので、もう一度あがっていって4人でコントロールして、ハアハア、、。

 

最後の4kmの激坂を前に逃げを捕まえることができ、あとはもう「よろしく~っ」となった。

 

 

激坂については、もうペダル踏むのが精一杯になり、ふにゃふにゃでゴールに向かうだけ。

ツールなどでアシストがだらだらと落ちていく気持ちが分かったし、これはこれで貴重な経験だ。

 

 

すぐに先ほど一緒に回してたオーストラリアチームの選手も追い付いてきて「グッジョブ!」と言ってくれた。

とても嬉しかったし、そういうコミュニケーションはどんな時も必要だ。

 

 

ゴールして、ジャンリは元気なく思わしい結果でなかったのだろう。

ダニエルもシューズにトラブルがあったらしく、こちらもあかんかったみたい。

 

仕事をしたことが報われることはなかったんだけど、集団で位置取りして走るだけなんて面白くない。

上りで勝負できるなら別だけど、晋一さんのおかげで狙えないなりに楽しめた。

 

 

その晋一さんは15分後にゴール。

上り始めで早速トイレしてから、ゆっくり上ったらしい(笑)

 

 

明日はクリテ。

ポイントレースで地獄です。

 

 

 

お気軽にお問い合わせください
Tel.052-734-3534
メールフォーム


運営・お問い合わせ先:株式会社ディッセターレ
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池2-2-31
Tel:052-734-3534
Facebook: https://www.facebook.com/dissetare/

アスリート仕様のアロママッサージオイル。トリガーポイントの改善・筋肉痛疲労回復・筋膜リリースに
©2020 ©igname Sports Aroma for runners. All Rights Reserved.