ブログ・おしらせ

シクロクロスでの対策

 

 

シクロクロスシーズンが近づいてきました。

 

今回はシクロクロスの独特な競技性から、イナーメ的にできる対策をお伝えしようかと思います。

 

簡単に競技特性を述べさせてもらうと、まずはスタートから全開です。

最初のコーナーをどれだけ前の位置で走れるかによって、その後のレースが楽になります。

 

 

ロードレースと違って、集団で休んで次に備えるといったことはないでしょう。

集団のメリットがほとんど無い。

むしろ集団による渋滞や、好きなラインを通れないなどのリスクが多いと思っていただき、レース全体としてはコーナーやシケインによるインターバルの繰り返しとなります。

 

非常にキツイ内容となっていますが、そんな中でも冷静にコーナーのラインを見極めたりするなどの判断力も問われます。

 

 

 

したがって、対策としては、まずアップをしっかり行うことが重要です。

レースでいきなり上げるのではなく、事前に上げておくのです。

 

基本的に軽めのケイデンスで、筋肉の負担とならないように以下の内容を実施。

 

1.20~30分ほどかけてゆっくり血流をあげ、脚を動かしていく。

→ ストレッチ代わりとなるような軽めの運動で、身体を温めます。

 

2.5分走を1本。

→ 有酸素運動域よりやや上の負荷で、軽く心臓にも刺激を入れます。

 

3.30秒-30秒ぐらいのモガキを3本行う。

→ 本番をイメージしながら実施。ケイデンスは軽めで、心臓にしっかり刺激を入れます。

 

以上をスタート30分ほど前までに行い、あとは体が冷え切らないようにしてスタートに備えましょう。

 

 

---

 

さて、イナーメのオイル対策としては「for CX」という、キツいシーンに対応するアップオイルがありますので、迷わずこれを使用します。

 

低温に対応するジンジャー成分だけでなく、ゼラニウム・レモングラス・ジュニパーベリーなど、血流を上げることに特化したブレンドをしています。

香り成分として集中力を増し冷静さを保つといった特徴もあり、これをお尻から下に薄く使用します。

 

もちろん、筋肉疲労・筋肉痛といった、レースが終わってからのダメージ感覚もずいぶんと違います。

 

 

 

Breath」はユーカリ・フランキンセンス・ペパーミントなど、呼吸系に働きかけていく成分を中心にブレンドし、やはりキツいシーンでは必須です。

こちらは上半身に使用するアップオイルで、胸から上に薄く使用します。

 

 

この2種のオイルを先ほど述べたウォーミングアップを行う際に使います。

 

もし雨が降っている場合は、レインジェルを脚だけでなくお腹や背中も含めて使用し、冷えに対してはしっかり対策しましょう。

 

---

 

無事に準備ができスタートしたら、まずは全開です。

 

しかし1周目で出し尽くしてしまい廃人になってしまってはいけません。

少し落ち着いて、冷静になって、まずはミスをしないように心がけながら、イーブンペースに努めましょう。

 

 

自分のペースを維持し続けることが大切です。

そのあたりの自分のコントロールがうまい人は、パンクやメカトラも少ないもので、リザルトも安定しています。

 

 

全開走を行いながらも冷静さに努める。

シクロクロスで結果を残す上で重要なテーマです。

 

レインジェル
for CX Breath Rain GEL

 

 

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください
Tel.052-734-3534
メールフォーム


運営・お問い合わせ先:株式会社ディッセターレ
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池2-2-31
Tel:052-734-3534
Facebook: https://www.facebook.com/dissetare/

アスリート仕様のアロママッサージオイル。トリガーポイントの改善・筋肉痛疲労回復・筋膜リリースに
©2018 ©igname Sports Aroma for runners. All Rights Reserved.