ブログ・おしらせ

ツアー・オブ・チェンライ 第3~第4ステージ

 

---

 

第3ステージ 120㎞ ラスト10㎞ぐらいが山。

 

山の入り口までは昨日のような展開になるだろう。

 

スタート前。塗る。

Photo by Wanchai Phutthawarin

 

 

で、

逃げの撃ち合いが始まったが、今日はなかなか決まらない。 50㎞ぐらい経っても決まらない。

 

 

僕も撃ってみるものの自力なし。 実力的に全然ダメ。 芋ホリスト。

そこは理解しているので、追走にせこく便乗する作戦を取る。

 

 

途中で単独で抜け出し、カメラに向かってアタック。 集団全員に無視されるの図。

Photo by Wanchai Phutthawarin

 

 

 

BunBunに「完全に無駄な動きです」と言われたが、これは写真を撮ってもらいに行ったので。(笑) いいんです。

Photo by Wanchai Phutthawarin

 

 

集団先頭のリーダーチームのブルドーザー選手の後ろは楽だった。トラックの後ろみたい。

甘えたい、、、。甘えてた。 何度も甘えてた。

Photo by Wanchai Phutthawarin

 

 

道中、せこく便乗の作戦で「これ決まりそうな逃げのった!」ってのもあったが、やっぱりダメで吸収だった。

せこい奴が報われてはいけないのだ。

 

 

結局、いつの間にかできた逃げにBunBunが乗ったようで、猛烈に雄大が単独で追っているのが見える。

 

その雄大の追走は芋掘りに終わり集団に吸収。

その後も先頭引いてるので、これは気付いてないなと思い、「BunBunが乗ってるから引かなくていいよ」と伝える。

 

そしていつの間にか前にも出てこなくなったので、これは使い切ってしまったか?

最後の登りは雄大で行こうと言っていたのだが、熱くなってしまったようだ。

 

 

そして、Maoも先頭を牽き始め、かなり積極的にローテしてるから、前まで出て行って「BunBun escape」と言ったら、微笑みながら下がっていった。

 

 

結局本日できた唯一の逃げは捕まって集団。

残り距離を考えると、逃げは発生しづらく、このまま終わりだね。

 

登り口まで集団で行って、登りは流してゴールの予定。

 

予定は狂うのがタイの特徴なので、流してゴールのつもりだったが、流せないほどの激坂で、結局かなりハァハァしてました、、、。

 

 

帰りはホテルまで60㎞ほど。

中川さんの車の荷台に乗って帰った。

 

後ろにはいつの間にか選手が列車を組んでました。

 

女子で唯一参加の日本人、中原さんも。

 

 

見上げると雷太さんのMTBで、クリンビューのステッカーが映えていた。 タイの空はクリンビュー。

 

---

 

第4ステージ。

チェンライの中心でクリテリウム。 1.4㎞を21周。

ポイントレースとのことで、緩みの少ないキツイレースになるだろう。

 

 

結構スタートまで時間があったので、マレーシアチームとも交流マッサー。

 

 

 

先に女子がスタート。

 

 

 

3日走ってるからアップは軽めにしてスタートラインへ。

 

総合がどうのとか、ここで勝てる実力も無いから、キツかったらやめてもいいかな?

なんて思ってたけど、サポートしてくれてるNoiさんやカコに「ガンバッテ!」と言われ、とにかく完走して総合の順位だけは付けて終えようと思い直した。

 

 

並びから1列目を取ったが、1周のローリングで2列目に下げてしまう。

ローリングから集団内はインターバルだったので、今日はヤバいぞ。

 

と思ったが、やはり最初から速め。

しかし、コーナーの捌きが自分に有利だったので、前には位置取れそう。

 

 

スピード勝負では勝てませんので、コーナーを使って後ろに下がらないようにする。

3周ぐらいで、外に膨らむ選手とか、コーナーの下手な選手や、自分と似た位置の選手を把握し、とにかく下がり過ぎないように、直線では無駄なスペースを早めに埋めるように走る。

Photo by Wanchai Phutthawarin

 

自分より後ろは見る余裕がなかったけど、降ろされている選手が見えてきたので、後ろはかなり厳しいようだ。

1回だけポイントを取れそうな周回があったが、4~5位の入線。残念。

 

結局20~30名しか生き残れないサバイバルレースだった。

Photo by Wanchai Phutthawarin

 

 

完走出来て、総合のリザルトも付くだろうから満足です。

何位かは知りませんが、、、。

 

おじさんのわりに頑張ったねと言われたが、せこいだけ。

自力があればもっと楽しめた場面が多かった。

逃げを決めるべくガンガン引くとか、リーダーチームの牙城を崩しに行くとか、もちょっと練習してこれば良かったなと思う反面、タイまでは乗っておこうと思ってた節もある。

だから、ちょこっと休んで、また乗り始めよう。

 

2月にまた来るかもしれない。

 

セレモニーには参加せず、ホテルに戻る。

 

 

日曜だったのでホテル近くでバザーが始まってた。

 

 

フィラ、、、タイらしいよね。

 

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください
Tel.052-734-3534
メールフォーム


運営・お問い合わせ先:株式会社ディッセターレ
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池2-2-31
Tel:052-734-3534
Facebook: https://www.facebook.com/dissetare/

アスリート仕様のアロママッサージオイル。トリガーポイントの改善・筋肉痛疲労回復・筋膜リリースに
©2019 ©igname Sports Aroma for runners. All Rights Reserved.